お知らせ赤川クリニック

診療受付

妊婦健診時のUSBの録画について

2020.07.09 更新

妊婦健診の超音波検査を行う際、画像を記録する無料サービスを行っておりますが、
録画機器とUSBの相性の不一致や機器の不具合、USBの容量不足等の理由で、録画ができないことがあります。
機械本体に画像が記録されないため、録画ができていない場合でも、後日に録画し直すことはできません。

 

「帰宅して確認してみたら、録画できていなかった」というご意見をいただくことがありますが、
上記の理由にて録画できない場合があることを、改めてご理解、ご了承いただくことをお願いいたします。

 

録画のトラブルを避けるため、以下のご協力をお願いいたします。
1.妊婦健診で診察室に入ったら、すみやかにUSBをお渡しください。必ず、超音波の検査前にUSBを出してください。
※ 検査後にデータを記録することはできません。
2.4GB以上のUSBメモリをご用意ください。
3.USBにデータが入ったら、その都度ご自宅のパソコンにデータを移し、USBの容量を空にしてください。
※ USBの容量が不足していると、録画が途中で止まってしまうことがあります。

akagawa clinic

赤川クリニックのfacebookページはこちら