お産のご案内

akagawa clinic 診療受付

赤川クリニックでのお産

私たちは自然なお産をお手伝いするよう心がけています。
予定日付近で自然に陣痛が始まり、次第に強くなり、赤ちゃんを産み出す力になっていく。
赤ちゃんも、子宮の強い収縮に答えるように元気に外に飛び出す時を待っている。
この時私たちにできることは、皆さんがお産に全身で集中できるように付き添うことです。
医師である私は、このまま何事もなくお産が終わるように祈っている。
皆さんがどうしたらお産に集中できるかリラックス出来るかを、実際に皆さんの横にいて工夫したり一緒に悩んだりするのは、助産師です。
自分がこうしたいという姿勢をとったり、ウロウロ歩いたり、ボールを抱いてゴロゴロしたり、お風呂に入ったり。
いわゆる、フリースタイルです。
こうしなくてはいけない、という決まりはありません。
正常に経過していればそれでよいと思います。
それぞれの家族のそれぞれのお産ができるように、クリニックとして出来ることをしていく。
母体と赤ちゃんの健康の評価は勿論、皆さんの心が落ち着いているのかどうか。
しっかりとコミュニケーションをとりたいと考えています。


お産の位置づけ

お産の方法というものがあるとするなら、この出発点から歩き始めるための前段階、助走、滑走路であって、
それがすべてでなどあり得ないと、考えます。
緊急で帝王切開になっても、吸引分娩になっても、それはすべて、家族の安全なスタートのためのプロセスと考えます。
「元気な赤ちゃんを元気なお母さんが抱きしめている、その二人をお父さんが優しく見守っている」。
この状況が得られなければ、赤川クリニックのお産は意味がない。
このイメージをいつも頭の中で繰り返し思い描きながら、それぞれの家族のお産のお手伝いをしています。
生まれてくる子どもたちはこの地球の大事な戦士たち。
この星を守って、より良い場所にしてくれる人々です。
傷つけあったり、いがみあったりせず、相手を理解し、協力して人のために働ける人たち。
そういういい人に育って欲しい。
そのためには良い家族に育ててもらわなくてはいけません。
そのための出発点(あるいは通過点?)がお産ではないかと考えます。
「この子を迎えるための最善のお産ができました」と思ってもらえれば、
それが良い家族の始まり、良い子どもの幸せな環境の基盤ができたということではないでしょうか?


フリースタイル出産

クリニックでは、陣痛中は、どこでも、自由な姿勢をとることができます。
座位、立位、四つん這い、スクワットなど、お産の進行具合や自分の体に合った姿勢で、陣痛の波を乗り越えながら、
リラックスすることが大切です。
お産の時も、分娩台の上で、ママと赤ちゃん二人にとって、産みやすいと思う姿勢を臨機応変にとってみるのがよいと思います。
大切なことは、皆さんの中にある産む力を充分使って、さらに、今まで気付かなかった内なる、生き物としての底力を引き出して、
新しい生命を無事に産み出すことだと思います。


TOPへもどる

バースプラン

皆さん自身で、
「こんな妊娠生活を送りたい」
「お産が始まったらこうして過ごしたい」
「誰々と一緒に過ごしたい」
「こんなお母さんになりたい」
など、妊娠・出産・育児について考えていただいています。
健診やマタニティクラスに来る中で、徐々にそのイメージは膨らんでいきます。
命がけのお産に、おまかせではなく、主体的に臨むことが大切です。
バースプランをスタッフと共有しながら、自分らしいお産を目指していきましょう。


立ち会い出産

赤川クリニックでは、ご家族の立ち会いを歓迎しています。
ご主人だけでなく、小さなお兄ちゃんお姉ちゃんの立ち会いも大歓迎です。
また、帝王切開の場合も、同様に立ち会っていただけます。


自然にうまく進まない時

TOPへもどる