赤川クリニック

ー 荻窪駅から徒歩5分の産婦人科 ー

体験談

体験談

S.H様 2024年5月18日 ご出産

毎食のごはんがとてもおいしくて、パワーになりました。

野菜をおいしく食べるメニューが多く、野菜の食感の良さにとても感動し、

手作りごはんの大切さを実感しました。

上の子にももっとお野菜を食べさせてあげたいな…と反省しました。

K.M様 2024年4月26日 ご出産

お産中は何も考えられないほど必死でしたが、

産んだ後の今は、本当に素晴らしい経験で一生の宝物になったと感じています。

赤ちゃん、母、父、先生、助産師さん、皆さんの力を合わせて

一つの命を産み出す、とても尊い共同作業だと感じました。

M.U様 2024年3月29日 ご出産

陣痛中、痛いけれども、子宮口が開いていくことをイメージしたり、

赤ちゃんが降りてきやすいようにお尻の力を抜くよう心がけたりしました。

すると、赤ちゃんがぐりんと回った感覚なども感じられ、

赤ちゃんと一緒にお産をすすめていることが実感できました。

産後ケアを利用して

大変居心地のよい空間で、美味しいご飯と休息を提供頂きました。

初めて赤ちゃんに接するため、分からないことだらけで不安でしたが、

全ての助産師さんが親身になってお世話、アドバイスを下さり、

たくさんの不安が解消され、大変感謝しております。

産後ケアを利用して

ミルクの足し方、子どもの体重の増え、等

気になっていた事が全て相談できました。

家にいるとついやること(家事など)に目がいきますが、

何もせずにぼーっとする時間ができて十分体を休めることができました。

産後ケアを利用して

合計4回産後ケアでお世話になり、ありがとうございました。

毎日楽しく育児はできていますが、やっぱり常に気を張っていて、

夜も何か音がすると起きたりして、

少しの間子どもと離れてゆっくり自分だけの時間、休む時間も大切だと感じ、

意外と気付かぬうちに疲れているのだとわかりました。

なので信頼している助産師さんたちに安心して子どもをあずけ、

休息をとることができました。

明日からの育児もがんばれそうです!

N.Y様 2024年 1月 8日 ご出産

やっぱり陣痛は痛かった!!

でも、赤ちゃんも頑張っていると思うと、自然と力が湧いてきて、

陣痛もお産も乗り越えられたのだと感じています。

初めてのお産で、不安でいっぱいでしたが、赤川先生や助産師さんが

的確な声掛けや、励ましの言葉を掛けてくれたことが、頑張る力の源でした。

産まれてきた赤ちゃんを胸に抱いた瞬間、そんな痛みも吹き飛び、

たくさんの愛情が芽生えました。

赤ちゃんのパワー、お産って素敵!!

K.F様 2024年 1月 1日 ご出産

3回目の妊娠・出産ということで、何かと周りから”大丈夫でしょ!”と

思われてしまうことが多く、私自身も無理をしがちでしたが、

今回の入院中は、母子同室が基本の中でも、その都度お声掛けをしてくださり、

娘を預かっていただいたおかげで、

身体的・精神的な回復が早かったです。

本当に感謝しています。

S.S様 2023年11月5日 ご出産

今回三人目の出産(こちらは初めてのクリニックです)でしたが、

1人目の出産時は大パニック、大さわぎ、

2人目は少し上手になり、呼吸の仕方で痛さが全然ちがうことを学んで(1人目の時に)いたので、

だいぶ落ち着いて出産。でも、最後産む時は少しパニック。

3回目(今回)は、助産師さんの教えがとても分かりやすくて、

言うとおりにしたら、とても落ち着いて産めました。

S. I 様 2023年11月1日 ご出産

1度目のお産以上に、痛みで我を忘れそうになりましたが、

まわりの家族や先生、助産師さんに助けられて産み出せたと思いました。

自分以上にお腹の子も頑張ってくれたと思います。

無事みんなで出産を乗り越えた、そんな感覚がありました。

とにかく、生まれてきてくれた娘が愛おしくてたまらないです。

M.S様 2023年11月18日 ご出産

初めてのお産を夫と、そして赤川先生はじめ助産師の方と経験できたこと、

本当にありがとうございました。

予定日が過ぎ、私の骨盤の形とお子の向きで

もしかしたら経膣分娩が難しいかもしれない、となった時。

医学的なことを含め、私たちの気持ちに寄り添って出産への準備をさせて頂けたと思います。

あの時のお話の時間があり、また夫と話せていたことで、

結果として破水から子宮口全開、帝王切開となりましたが、

とても充実したお産でした。

いきむ時の内側からのパワーというか、赤ちゃんが出てこようとする力を感じられて、

心が満たされた幸せなお産でした。

N.O様 2023年10月16日 ご出産

3年前に赤川クリニックで、上の子を緊急帝王切開で出産しました。

その翌日には歩いていたことを周りのママ友に言うと、

それはとても回復が早いようで、先生の手術が上手なんだと痛感しました。

今回も遠方に住んでる為(片道1時間半)、地元で出産することも考えましたが、

信頼できる産院で産みたいと思い、赤川クリニックを選びました。

やはり今回も産後の回復が早く、帝王切開だから辛いという印象が払拭されました。

A.S様 2023年9月10日 ご出産

一度目の出産後、あまりの陣痛の痛みに、次は絶対に無痛にしようと考えていました。

しかし、いざ2人目の妊娠がわかると、

母子に寄り添ってくれる赤川先生のもとで産みたい

という気持ちになりました。

今回も無事に元気な赤ちゃんを出産させてくださり、ありがとうございました。

Y.S様 2023年8月31日 ご出産

数年の不妊治療から出産まで、本当に自分一人でできることはわずかしかなく、

夫や赤川先生、助産師の皆さんのお陰で、今自分の子を抱いているのだなと思い、

感謝しきれません。

やっと出会えた赤ちゃんを見て、触れて、とても幸せを感じています。

分娩では、予定日を過ぎて、私の骨盤が小さいことがわかり、

急きょ、予定帝王切開を勧められましたが、可能性をかけて自然分娩を選択しました。

結果として、(子宮口MAXまで開きましたが)緊急帝王切開となったものの、

陣痛や陣痛からの自分の体内での変化(赤ちゃんが出ようとするエネルギー)を感じることができ、

納得のいくお産となりました。

C.K様 2023年8月28日 ご出産

マタニティクラスで色々と教えてもらって、何となくイメトレはしていたものの、

実際に出産する時はパニックになりました。

ですが、「赤ちゃんを感じて」と何回も言ってもらえて、

“ここに頭があるな“と感じながらいきむことができました。

胸に我が子をのせてもらって抱いた時は、言葉ではあらわせない感情で、

涙も出ず、うなずく事しか出来ませんでしたが、

一つの命が誕生する奇跡を全身で感じていたんだと思います。

A.S様 2023年8月7日 ご出産

「痛みを忘れる」とは聞いたことはあるが、

体験直後は絶対忘れるわけないと思った。

でも今は、大変だったし痛かったのも忘れたわけではないが、

達成感や神秘的な感覚のほうが上回っている。

S.T様 2023年6月19日 ご出産

自分自身が痛みに弱く、一人目は無痛を選びました。

(当時コロナで面会立会い不可で、一人では痛みに耐えられないと思ったので。)

今回は、立会いできることから、無痛という選択肢を捨てて出産に挑みました。

その分、自分で呼吸法など調べたり、マタニティクラスに参加したりして、

一人目の時よりも自発的に前向きにお産にのぞむことができました。

お産を通して、気持ち(前向きに赤ちゃんが頑張っていることを忘れない)と

呼吸が大事だとわかりました。

今思えば、無痛にしたのはもったいなかったな、

一人目もこちらで出産したかったなと感じます。

自分には「産む力」があるのか、自信がありませんでしたが、

出産を通して、女性には産む力があるんだと実感したし、

少し自分に自信が持てるようになった気がします。

S.N様 2023年5月26日 ご出産

前回の陣痛中は(別の病院)、頑張って耐えてねーという感じで心細い経験をしたが、

今回は、こんなことしてみるといいかも、こうすると赤ちゃん出てきやすいよと、

たくさんアドバイス頂けて良かった。

助産師さんが側にいてくれて安心した。

産後は、皆さんが産後の身体のことを第一に考えてくださり、

赤ちゃんを預かってくれたり、ケアをしてくださったおかげで、

とても身体を休めることができました。

ご飯も美味しく、トイレの石けんがAesopだったりして、心も身体も喜んでいました。

N.N様 2023年4月28日 ご出産

生まれてくるまでの陣痛中の過ごし方が良かったです。

横になって耐えるではなく、体をあたためる、動かす、リラックスする。

色んな方法を試しながら、赤ちゃんの出てきたいタイミングを待ったこと。

呼吸を意識して出産ができるように促してくれた助産師さん、

冷静に的確に処置してくださる赤川先生に感謝しています。

お産の経験が、これからの人生の強い糧になっていくような気がしています。

産後ケアを利用して

上の子の産後を思い出すと、退院して1週間から1ヶ月くらいが一番つらく、

あまり人に会う機会がなく、相談もできなかったので、

このように退院後に改めてゆっくり休んだり、相談できる機会があるのは

とても助かります。



家では味わえない一人時間を過ごせた。



美味しいご飯をゆっくり食べられたので、心の休息もできました。

また明日から頑張れそうです。

Y.A様 2023年4月17日 ご出産

助産師さんの笑顔と、ずっと腰をさすっていただいたこと、

いきみの時の的確な声かけで、想像していたより早くお産が進んだように感じました。

また、椅子に座って重力の力も使ったり、よもぎ蒸しをしたりと、

陣痛が進むアドバイスをしていただいたおかげで、よりスムースに進んだと思います。

羊水の温かさや、赤ちゃんが降りてくる感覚、赤ちゃんの肩が骨盤にはまる感覚など、

自然なお産を体験したいと思っていたので、体験できてよかったです。

H.T様 2023年2月27日 ご出産

以前参加したマタニティークラスで先生がおっしゃっていた

「赤ちゃんも同じように頑張っている」、「一番苦しい時は赤ちゃんも同じ」

という言葉が忘れられず、イメージトレーニングをしながら出産日を迎えました。

お腹の中では赤ちゃんも同じように頑張っていると思いながら、「ムリ…」

と思った瞬間もありましたが、早く会いたい気持ちの方が大きかったです。

2度目の出産でしたが、やはり神秘的!奇跡!感動!

「生まれてきてくれてありがとう」「私たち家族のところに来てくれてありがとう」の

気持ちでいっぱいです。

A.K様 2023年2月7日 ご出産

予定通りマニュアル通りのお産はこの世にはない…。

命がけだ…と思いました。

我が子よ、よくお腹に来てくれた。

そして、元気に頑張って生まれてきてくれてありがとう。

母はあれ以上痛みに耐えられなかったと思うので、

第1子、第2子も親孝行な子だ…。

お腹にのせてもらったホヤホヤ赤ちゃんの熱さや呼吸、感触、

全てが一生忘れられない思い出。

S.Y様 2023年2月4日 ご出産

今回、立会いを希望していて、特に、赤川クリニックさんで生まれた

兄と姉に立ち会わせたかったので、それができて本当によかったと思いました。

一人目、二人目とで学んだことは、とにかく力を抜くということだったので、

そのイメージを妊娠中から何度もしました。

配信されている赤川クリニックの動画(とても勉強になります!オススメ!)を見て、

産む力を養うことと、赤ちゃんがどうやったら下りてきやすいかなとイメトレしていました。

思い描いていたお産より、要所要所でうまく力が抜けない…!と思うことはありましたが、

ほぼ思い描いていたお産になりました。

S.F様 2022年11月8日 ご出産

世の中の全ての母親を尊敬します!

初産でしたが、想像の何百倍も痛くて辛かった!!(!ー!)

一人じゃ乗り越えられなかったし、何度も心折れそうになったけど、

助産師さんの励ましの言葉と理解しやすい的確なアドバイスとサポートのおかげで、

無事にお産を終えられました(!!)

産む前と後では、自分は生まれ変わったような気持ち!

強くなった気がする!母って強い!

S.S様 2022年10月31日ご出産

マタニティークラス とパパクラスの前日に夫と大げんかをして、

立ち会いさせないぐらいの話をしていました。

私は仕事を辞めてまで子どもを産むのに!と思っていました。

が、マタニティークラスで赤川先生が、お産の進行の話だけでなく、

妊娠したことで女性の生き方がかなり変化するということを

話されていたのが印象的でした。

女性から言われるのと男性から言われるのとでは受け止め方が違うのか、

夫の言動がちょっと変わったように感じました。

私も働き方を変えたりと悩んでいたので、そういった話があったのは

ありがたかったです。

K.S様 2022年9月15日ご出産

赤ちゃん自身の「そろそろ生まれるよ!」という意思を感じました。
自分の体も、お産に向けて陣痛を強くし、
赤ちゃんを産み出そうとする変化を刻々と感じとることができました。
不思議と陣痛がきた時、「うわっ!ついに産むのか!」と怖さと同時に、
出産を楽しみに感じる気持ちになれました。
いよいよ生まれる〜!というクライマックスは
さすがにとり乱しましたが、笑(痛すぎて)
赤ちゃんと一緒に頑張った最初の共同作業、とても充実していました。

M.K様 2022年9月8日ご出産

何事もなく自然に予定日付近に陣痛がきて出産するんだ、となぜか信じきっていました。
が、予定日になっても何の兆候もない…?!
私の骨盤と子の頭の形が合っておらず、出てこられないと分かり、
帝王切開をするか、トライアルをしてみるか、決断しなければなりませんでした。
先生がおっしゃる「何があるか分からない」、その通りでした。
とても悩みました。焦りました。でも、夫と妊娠出産についてよく話す良い機会となりました。
ここでまた、“妊娠出産はキセキの連続”と実感しました。

S.N様 2022年8月30日ご出産


想像以上の痛みで、練習してきた呼吸法等すべて飛び、頭が真っ白になりましたが、助産師さんがずっと側で声をかけてくれたため、乗り越えることができました。
マタニティクラスでの「力の抜き方」、「分娩台での体勢」など事前にイメージや練習ができていたので役に立ちました。
出産の進み方も学んでいたため、「今のいきみで赤ちゃんここまできたかな」、「赤ちゃん頑張ってるから私も頑張ろう」という気持ちになりました。
分娩室では赤川先生も加わり、赤ちゃんの状況や体勢、呼吸のアドバイスをしてくださり、安心しながらお産に臨めました。
最後のいきみで赤ちゃんが出てきた時の赤川先生、助産師さんの笑顔、初めて赤ちゃんを抱っこした時の幸せな気持ち、一生の宝物です。

Y.C様 2022年7月25日ご出産

三人目の出産であり、練習をしてきた呼吸法など、実際陣痛がくると痛さで全てが飛び、
頭の中が真っ白でしたが、助産師さんが何回も教えてくださり、一緒にやってくださり、
安心できました。
又、出産時は先生の「赤ちゃんは今こうなっているから、母はこういうふうに…」と
何度も何度も説明してくれ、「そうなんだ!私はこうすれば良いんだ」と
描きながらいきんだら、初めて骨盤を通っているのが分かりました!
何とも言えない気持ちになりました。一生の宝となりました。
ここまで詳しく教えてくれる先生はほぼいないと思います。

M.C様 2021年5月27日ご出産

お産という出口に意識を集中させ、着地させる感覚。
痛みや体の中のうねり、汗の出方、耳の聴こえ方、窓辺の光…
ありとあらゆるものが変化していくことに全神経を集中させていく。
髪の毛の先、爪先まで感覚がどんどん研ぎ澄まされていく。
そうすると、シンプルになれた。
気負うものが、抗うものが何もなくなった。
お産って、今まで生きてきた自分の人生と向き合うことなんだな、と思った。

S.Y様 2022年4月14日ご出産

痛みは想像以上でしたが、事前に先生から聞いていた“力を抜くこと”を考えながら出産に臨めたので、改めて妊娠中に聞けるお話は大事なことだったなと思いました。

ずっと待ち望んでいた赤ちゃんにやっと会えることがうれしくて、恐怖などは感じませんでした。主人が立ち会いに間に合い、助産師さんがずっと声をかけてくれ、先生が冷静に対応して下さったので乗り越えることが出来たんだと思います。

マタニティクラスがとても役に立ちました。力の抜き方だけではなく、出産のすすみ方なども事前に知ることが出来たので「今赤ちゃんも頑張っているんだ」と、イメージしやすかったです。

また、主人が立ち会いましたが、先生の顔を事前に知れていたこともよかったと思います。主人も関わりやすかったと思います。

M.S様 2022年4月13日ご出産

陣痛は本当に想像以上でした。(今はすでにその痛さを忘れているのも不思議です。)

夫が頑張ってくれたのも、すごくありがたかったです。しばらくは夫と「あの時すごかったよね」と、思い出話として楽しみたいです。笑

帝王切開になるとはあまり考えていませんでしたが、実際やってみて「それも貴重な経験だなー」と思いました。

マタニティクラスに参加して、妊娠の経過に合わせて少しずつモチベーションが上がっていきました。パパクラスでは、夫は参加前はちょっとめんどくさそうにしていましたが(笑)、実際受けて、抱っこのイメトレなどして、じわじわ実感が出たのがわかりました。

赤川先生やスタッフさんのマスクなしのお顔が見れたのも、安心できてよかったです!

妊婦健診では、エコーの際、4Dが見れるのもよかったです。(そのままの顔が出てきて笑いました!)コロナで夫が来れない中、写真を見るのをすごい楽しみにしていたようです。

A.I様 2022年4月15日ご出産

2回目のお産でしたが、やっぱり痛いものは痛い!でも、お産を乗り越えて赤ちゃんに出会える喜びは、何にもかえがたいものです。決してラクではないけど、良いお産でした。入院中の今は幸せな気持ちでいっぱいです。無事にお産ができたこと、先生や助産師さん、夫や娘に感謝の気持ちしかありません。

お産による痛みで、冷静さを失っている自分に「目を開けて、息を吸ってー、はいてー」等の声かけや「体をまっすぐ、お尻をつけて。腰を上げないで」などの具体的な体勢の指示は、本当に助かりました。何度も痛みに負けそうになりましたが、この声かけで、正しいお産へと導いてもらえました。

マタニティクラスはとっても役立ちました。オンラインクラスでのお産の進み方の話を聞いて、頭の中で、お産についてしっかりとイメージすることができました。お産の最中も、助産師さんの「今、赤ちゃんが下がってきてる」などの言葉を聞いて、あと少しだと思えて、頑張ることができました。お産の進行を頭の中でイメージできることは、お産を頑張る気持ちにつながると思います。

今回とっても嬉しかったことが、入院スペースにドリンクバーと、あと5年前には無かった“お料理のレシピ”があったことです。

A.H様 2022年5月6〜8日 産後ケア利用

退院後、上の子のお世話で思っていたように休めず、家族も新生児との生活でリズムが乱れて来ていたため、産後ケアを利用しました。

家事などから解放され、休息に集中することができて助かりました。